弁護士ドラマ

弁護士を題材にしたドラマがありますよね。

私は昔からドラマを見るのは大好きなのですが、基本的に弁護士ドラマを見ません。

なぜなら、ドラマのストーリーと私たちのリアルな日常とがかけ離れていることが多く、ついつい「それはないでしょ。」とつぶやいてしまうからです。

たとえば、証人尋問で決定的な証拠を突き付けられて泣き崩れる真犯人、弁護士と検察官との法廷での罵倒合戦なんてことは現実にはありません。

私達の毎日の業務の大部分は、判例等の調査、書面の作成、依頼者との打ち合わせ等に費やされます。

つまり、弁護士の毎日は、裁判や交渉の事前準備に費やされ、法廷での活動はごく一部であり、ドラマティックな法廷シーンなどはほとんどありません。

ですから、弁護士のリアルをドラマ化した場合、松本潤さんや堺雅人さんを主演に据えたとしても低視聴率間違いなしです。

こう言うと、弁護士の仕事は魅力がないように思われてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。

トラブルを抱えた依頼者の味方になり、その権利を勝ち取れたときは、弁護士になって良かったと実感します。

また、誰に命令されることもなく、自由に仕事ができるのも魅力のひとつかもしれません。

弁護士の日常については、またいつかブログで書きたいと思います。

今日はこの辺で、週明けに提出する準備書面の作成に戻ります。